第1646夜 【ほわほわひつじ】

【ほわほわひつじ】 福音館書店 こどものとも年少版 通巻480号 2017年3月1日発行 池谷陽子 さく 〝まあちゃん”を見るだけで元気が出ます。 まあるいほっぺも鼻も真っ赤なら、ジャケットも長靴も真っ赤。 帽子とマフラーと手袋は鮮やかな黄色、 きっとお母さんが編んでくれたのでしょう。 〝まあちゃん”が雪に埋も…
コメント:0

続きを読むread more

第1645夜 【ぺんぺんいちざ】

【ぺんぺんいちざ】 福音館書店 こどものとも年少版 通巻515号 2020年2月1日発行 石津ちひろ 作 いぬんこ 画 「○○一座」という響きと、いぬんこさんの絵がとてもしっくりきます。 現在放映中の朝ドラ「おちょやん」のタイトル画がいぬんこさんによるもので、 ドラマの内容もお芝居や「○○一座」と関連しているわけです…
コメント:0

続きを読むread more

第1644夜 【プレッツェモリーナ】

【プレッツェモリーナ】 イタリアの昔話 福音館書店 こどものとも 通巻756号 2019年3月1日発行 剣持弘子 再話 小西英子 絵 身ごもったお母さんが、魔女の畑に忍び込み、パセリを食べてしまいます。 一度ならず、二度三度。 妊娠中、特定の食べ物が無性に食べたくなることは確かにありますけれども、 その後がいけません…
コメント:0

続きを読むread more

第1643夜 【ふくろう ほ、ほう】

【ふくろう ほ、ほう】 福音館書店 こどものとも012 通巻308号 2020年11月1日発行 飯野和好 さく 自分に情報過多注意報を発令したくなるほど、 今の世の中、じっとしていても大量の情報が振りかぶってきます。 少し前までは、進んで情報を得ることがよしとされましたが、 今は、多すぎる情報からどう身を守るかが大切…
コメント:0

続きを読むread more

第1642夜 【パンやの くまさん】

【パンやの くまさん】 福音館書店 1987年5月30日発行 フィービとセルビ・ウォージントン さく・え まさき るりこ やく 私の両親は農家です。 朝早くから夜遅くまで、勤務時間という概念もなく働いていました。 労働としても、重いものを持ち運んだり、泥にまみれたりで、 決して楽とは言えない仕事です。 ですから私も『…
コメント:0

続きを読むread more

第1641夜 【パンくうこう】

【パンくうこう】 福音館書店 こどものとも年少版 通巻513号 2019年12月1日発行 古川タク さく ここはパン空港。 いろんなパンの飛行機がいます。 ブルンブルン ブィーン とんだー。 ちょっとずんぐりしていたのは、あんパン飛行機でした。 次は、クロワッサン飛行機。 少しスマート。 今度はカ…
コメント:0

続きを読むread more

第1640夜 【ばらいろのかさ】

【ばらいろのかさ】 福音館書店 2019年6月15日発行 アメリー・カロ 文 ジュヌヴィエーヴ・ゴドブー 絵 野坂悦子 訳 とてもステキで洒落たラブストーリーです。 カフェを営むアデルは、愛らしく、きらきらと輝き、 顔なじみのお客さんにとっては太陽のような女性です。 アデルの店に、週に一度(水曜日)、店内で野…
コメント:0

続きを読むread more

第1639夜 【はいくのえほん】

【はいくのえほん】 A PICTURE BOOK OF HAIKU 足立美術館 2011年5月10日発行 鈴木寿雄 画 福田陸太郎 訳 学生時代、俳句の英訳についてゼミで研修したことがありました。 「セミ」などの昆虫に対する欧米とのイメージの違いも、その時に知りました。 海外の人たちが作った俳句も、その時にいくつか…
コメント:0

続きを読むread more

第1638夜 【ばあちゃんがいる】

【ばあちゃんがいる】 福音館書店 こどものとも 通巻762号 2019年9月1日発行 伊藤比呂美 文 MAYA MAXX 絵 表紙の絵から最後まで、絵に圧倒されっぱなしでした。 表紙の子どもが「わたし」で、 それを拡大コピーし、ほうれい線を加えたのが「ばあちゃん」です。 髪の毛が総立ちで、柔らかく丸い部分がほ…
コメント:0

続きを読むread more

第1637夜 【ノラネコぐんだん パンこうじょう】

【ノラネコぐんだん パンこうじょう】 「こどもMOE」vol.2 ふろくえほん MOE2012年6月号増刊 さく・工藤ノリコ 他の人はどうか知りませんが、 私はモノがきれいに並んでいるのを見るのが大好きです。 パンフレットなどで、商品(特に同品種の)が整然と並んでいるのを見ると、 軽く恍惚状態になります。 靴下だっ…
コメント:0

続きを読むread more

第1636夜 【ねるじかん】

【ねるじかん】 アリス館 2018年5月31日発行 鈴木のりたけ 本屋さんでパラパラとページをめくった時に、 これはここでは読み切れないと判断し、購入しました。 寝る時間なのになかなか寝ない男の子と、そのお母さんが登場人物。 他に、大変個性的なキャラクターたちが登場しますが、〝人物”とは言えません。 布団に横に…
コメント:0

続きを読むread more

第1635夜 【ネズの木通りの がらくたさわぎ】

【ネズの木通りの がらくたさわぎ】 童話館出版 1998年12月10日発行 作 リリアン・ムーア 絵 アーノルド・ローベル 訳 山下明生 七つのお話が入っている絵本です。 どのお話も、自然と顔がほころぶような内容です。 中でも、本のタイトルになっているお話は、 こんなことが本当にあったらなぁと心から思うようなお話…
コメント:0

続きを読むread more

第1634夜 【とりあえず まちましょう】

【とりあえず まちましょう】 絵本館 2020年9月発行 五味太郎 タイトルに惹かれて本を買うことは、私の場合珍しくありませんが、 この絵本は、まさに「今」必要な心構えのように思え、 即決で購入しました。 日常生活の中には、意識するしないにかかわらず、 「待つ」場面はたくさんあります。 お湯が沸くのを待つ …
コメント:0

続きを読むread more

第1633夜 【ない!】

【ない!】 福音館書店 ちいさなかがくのとも 通巻210号 2019年9月1日発行 名久井直子 さく 井上佐由紀 しゃしん お皿の上の、たわわなブドウ(たぶんシャインマスカット) 食べ終わったら、 「ない!」 段ボール箱の中にいたネコが どこかへ行ったか、 「いない!」 ある→ない いる→いない を、…
コメント:0

続きを読むread more

第1632夜 【ドワーフじいさんのいえづくり】

【ドワーフじいさんのいえづくり】 フレーベル館 2003年10月発行 作・絵 青山邦彦 ある森に、気難しいけれど、物作りはとても上手な ドワーフというおじいさんが住んでいました。 狭くて暗い洞穴暮らしはもうたくさんだと、 おじいさんは、見晴らし台のある新しい家を作ることにします。 さっそく家づくりに取り掛かった…
コメント:0

続きを読むread more