テーマ:渡辺茂男

第1565夜 【へそもち】

【へそもち】 福音館書店 こどものとも年中向き 通巻394号 2019年1月1日発行 渡辺茂男 さく 赤羽末吉 え ピカピカッ という閃光 ガラガラ ドーン という恐ろしい音 時には少しの振動も 雷は大人になった今でも怖いものです。 子どもの頃はずっと、「ごろごろ様」と呼んでいました。 ごろごろ様のイメージ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1320夜 【ありがたいこってす!】

【ありがたいこってす!】 童話館出版 1994年11月20日発行 さく マーゴット・ツェマック やく わたなべ しげお ありのままの状態に幸せを見出せるのは、一種の能力というか、特技に近いかもしれません。 大抵は、相対的に幸せや不幸せを認識するようです。 誰かと比べて、 「○○さんはいいなぁ」 あるいは、過去の自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1272夜 【たいへん たいへん】

【たいへん たいへん】 福音館書店 1968年4月1日「こどものとも」発行  イギリス昔話 渡辺茂男 やく 長 新太 え イギリス人の A sense of humour ですね、と最後はニヤリとしますが、途中には『えっ?』と思うシーンもあります。 ある日、トウモロコシ畑にいためんどりの頭の上に、ぽとんと何かが落ちて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第874夜 【ゆっくら ゆっくら よたよた】

【ゆっくら ゆっくら よたよた】 あかね書房 1982年7月発行 渡辺茂男 作 梶山俊夫 絵 実家に帰省するといつも、流れる時間の速度がいつもと違うように感じます。 もちろん田舎の方がゆっくりです。 子どもたちもそう言います。 そう感じる理由はいろいろ思い当たるのですが、その一つに、人間を含めた身の回りのものの動く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第851夜 【もどってきたガバタばん】

【もどってきた ガバタばん】 福音館書店 こどものとも 通巻359号 1986年2月1日発行 エチオピアのお話 渡辺茂男 やく ギルマ・ベラチョウ え ネブリという町のお話です。 お父さんが男の子に、オリーブの木でガバタばんを作ってやりました。 ガバタばんというのは、エチオピアの将棋盤のことです。 男の子は、その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第809夜 【こまどりのクリスマス】

【こまどりのクリスマス】 福音館書店 こどものとも年中向き 通巻201号 2002年12月1日発行 スコットランド民話 渡辺茂男 訳 丸木 俊 画 この賢いコマドリのお話が、綿々と子どもたちに語り継がれているというコメントが折り込み付録にあります。 幼い時にこのお話を聞くことができた子どもは幸いです。 しかし、もしかし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more