テーマ:田島征三

第1571夜 【ほら いしころが おっこちたよ ね、わすれようよ】

【ほら いしころが おっこちたよ ね、わすれようよ】 偕成社 1980年6月発行 田島征三 おじいさんとおばあさんがいます。 おじいさんは目を覚ましたばかり、まだベッドの上です。 おばあさんはもう朝の仕事をしています。 おばあさんは庭で花や野菜を育てていて、たわわに生った杏子の実でジャムを作るのを楽しみにしています。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第297夜 【ふたりはふたご】

【ふたりはふたご】 くもん出版 1996年5月14日発行 田島征彦 田島征三 何年か前にテレビで、「絵の中のぼくの村」という映画を見ました。 いわずと知れた、田島征彦・田島征三ご兄弟の自伝的な映画です。 雨のシーン、けんかがだんだん本気になっていく様子、二人がちょっと大きめのランニング姿だったこと、高知弁、そして母親役…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第295夜 【おじぞうさん】

【おじぞうさん】 福音館書店 こどものとも 通巻304号 1981年7月1日発行 田島征三 連鎖反応というのか、発想とびというのか、とにかく一つの事象が次々に予期せぬ次なる現象を引き起こしていきます。 孫の“じろっぺ”の寝小便が治るようにと、おばあさんがおじぞうさんに大福もちを3つお供えしたことからお話は始まります、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more