テーマ:岸田衿子

第1121夜 【ソナチネの木】

【ソナチネの木】 青土社 2006年8月10日発行 岸田衿子 え 安野光雅 声に出して読んでいたら、自分のぼそぼそした声が口から離れて少し遠くへいくあたりの連続が、まるで音楽のように思えてきた。 音楽は芸術的で美しいとは限らない。 自分の、あまり抑揚のないこもった声のつながりが、音楽に聞こえたのは初めてのことだ。 それ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1106夜 【かばくん】

【かばくん】 福音館書店 こどものとも傑作集 1962年12月25日発行 岸田衿子 さく 中谷千代子 え この絵本は、たとえ新しい状態であろうと、表紙と裏表紙で一枚の絵になるように、ギュッと開ききって、かばくんの大きさと、小さなかばくんの存在を確かめるべきです。 動物園は好きかと聞かれると、YesかNoでは答えられない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1030夜 【ひみつの かいだん】

【のばらの村のものがたり ひみつの かいだん】 講談社 1983年11月10日発行 ジル・バークレム 作 岸田衿子 訳 たまりません、この絵。 特に、“もりねずみ男爵”のお屋敷になっている木の断面図! うっとり、いつまでも見ていたくなります。 二度も見せてくれるとは! のばらの村の冬至まつり、ねずみたちはみんな、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第260夜 【たぬきのくるむら】

【たぬきのくるむら】 福音館書店 こどものとも(年中向き) 1976年6月1日発行 岸田衿子 さく 中谷千代子 え 先日、NHKの番組が、秩父に住む老夫婦が、自分たちの畑を山にかえすというので、木や花を植え続けている様子を、長期にわたったドキュメンタリーで放送していました。 おじいさんの方はすでに亡くなり、おばあさんは一人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第259夜 【プッポコとペッポコ】

【プッポコとペッポコ】 福音館書店 こどものとも年中向き 1990年6月1日発行 岸田衿子 さく 片山 健 え プッポコとペッポコが何者なのか詳しくは書かれていませんが、とにかく愉快であることは確かです。 二人とも眉が太くて、おなべのような形の頭をしています。 裸の上半身には出べそです。 そしてラッパを吹いて、夜明けと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第258夜 【ねこ ねこやなぎ】

【ねこ ねこやなぎ】 福音館書店 年少版こどものとも 通巻180号 1992年3月1日発行 古矢一穂 え 岸田衿子 ぶん いわれてみれば、動物の名がつく植物というのはあるものですね。 ねこやなぎ、からすうり、さるすべり、さぎそう、ほたるぶくろ。 これらは私が知っていたもの。 知らなかったものが半分以上です。 ねず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第257夜 【きょうのおべんとう なんだろうな】

【きょうのおべんとう なんだろうな】 福音館書店 年少版こどものとも 通巻169号 1991年4月1日発行 きしだ えりこ さく やまわき ゆりこ え 机の上に置いておいたこの絵本を見て、二十歳になる娘が、 「あ、この絵本、懐かしい! よく見てた。」と言いました。 『そうだったの?』と思いながら読み返しました。 タ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第255夜 【おいしいもの つくろう】

【おいしいもの つくろう】 福音館書店 こどものとも年中向き 1987年7月1日発行 岸田衿子 さく 白根美代子 え あらいぐまの一家とうさぎの家族はお隣同士、小川のそばに住んでいます。 仲良し家族は一緒に遠足に行ってお弁当を食べたり、お料理を持ち寄って夕飯を一緒に食べたりします。 紹介されているお料理は、どれもすぐ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more