テーマ:マザーグース

第974夜 【THE MAN IN THE MOON】

【THE MAN IN THE MOON】 【月に住む男】 フレデリック・ヴァーン社刊 ロンドン、ニューヨーク 1935年頃 L.レスリー・ブルック 画 18 × 14 cm タイトルのお話を含めて、4つのお話が収められていますが、いずれもあっという間に終わります。 いや、これをお話と思うから、『短い』と感じるわけで、考…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

第973夜 【MOTHER GOOSE THE OLD NURSERY RHYMES】

【MOTHER GOOSE The Old Nursery Rhymes】 ウィリアム・ハイネマン社刊 ロンドン、1913年 アーサー・ラッカム 画 21 × 16 cm かわいい絵、きれいな絵、ちょっと怖い絵、シンプルな絵、細密な絵、色々な絵が盛り込まれています。 特に、影絵が印象的です。 【AUNTIE'S LI…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第972夜 【THE STORY OF SIMPLE SIMON】

【THE STORY OF SIMPLE SIMON】 【とんまなサイモン】 ブラッキー&サン社刊 ロンドン、グラスゴー、ダブリン、ボンベイ、1908年 フランク・アダムス 画 28.5 × 22.7 cm 本をめくって、『おやっ?』と思うのは、紙が二つ折りになっていることです。 出版された当時に一般的だった方法らしいの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第971夜 【THIRTY OLD-TIME NURSERY SONGS】

【THIRTY OLD-TIME NURSERY SONGS】 【なつかしいわらべうた30篇】 T.C.&E.Cジャック社 / F.A. ストーク社刊 ロンドン、ニューヨーク、1907年 ヨセフ・ムーラット構成 ポール・ウッドローフ 画 40.8 × 23.8 cm なんと美しい表紙の本でしょう。 それが第一印象です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第970夜 【OLD KING COLE'S BOOK OF NURSERY RHYMES】

【OLD KING COLE'S BOOK OF NURSERY RHYMES】 【コール王のわらべうた】 マクミラン社刊 ロンドン、ニューヨーク、1901年 バイアム・L・ショー 画 28.5 × 22.2 cm わらべ歌の挿絵にしては、大人向けの絵に見えます。 考えてみれば、歌詞自体が子ども向けというものでもありませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第969夜 【TWO WELL-WORN SHOE STORIES】

【TWO WELL-WORN SHOE STORIES】 【二足のはきふるした靴のお話】 サンズ社刊 ロンドン、1899年 ジョン・ハッサール/セシル・アルダン 画 24.6 × 38.5 cm 全30巻中、最も大きな本です。 一ページがまるで紙芝居のような大きさです。 見開きで77cmですから、迫力があります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第968夜 【THE SONG OF SIXPENCE TOY BOOK】

【THE SONG OF SIXPENCE TOY BOOK】 【6ペンスのうた トイ・ブック】 ジョージ・ラウトリッジ & サンズ社刊 ロンドン、1876年 ウォルター・クレイン 画 25 × 19 cm 解説書とはありがたいものです。 「クレインがこの本の挿絵を描いたのは、弱冠21歳の時。 完成度が高く、赤、青、黒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第967夜 【RIDICULA REDVIVA】

【REDICULA REDIVIVA】 【リディキュラ・レディヴィヴァ】 マクミラン社刊 ロンドン、1876年 J・E・ロジャース 作 21.2 × 30.2 cm まずはこの本の装丁にグッときます。 ローズレッドのクロス張りに、黒と金の書名と装丁です。 子ども向けの本にしては、実に落ち着いた趣味です。 「Rid…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第966夜 【THE FROG WHO WOULD A WOOING GO】

【THE FROG WHO WOULD A WOOING GO】 【カエルのおよめさんさがし】 ラウトリッジ・ファーン社刊 ロンドン、1860年頃 チャールズ・ベネット 作 21.2 × 16.4 cm 世間知らずのカエルが、母親の忠告を聞かずにお嫁さん探しに出かけ、哀れな最後を遂げるというお話です。 母親は、住み慣れた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第965夜 【The DEATH and BURIAL of COCKROBIN】

【The DEATH and BURIAL of COCKROBIN】 【コック・ロビンの死と埋葬の悲しい物語】 E.マーシャル出版 ロンドン、1829年頃 15 × 10cm いきなり、 Who killed Cock Robin? なのである。 「誰がコマドリを殺したか」 犯人はすぐに自白。 I sai…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第964夜 【HUMPTY DUMPTY】

【HUMPTY DUMPTY】 【ハンプティ・ダンプティ】 【THE FLIGHT of The Old Woman TOSSED UP IN A BASKET】 【かごにのったおばあさん 空を飛ぶ】 D.ボーグ刊 ロンドン、1843年、1844年 ALIQUIS アリキス(S.E.マベリー)作   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第963夜 【オーピー・コレクション 復刻 マザーグースの世界】

【オーピー・コレクション 復刻 マザーグースの世界】 ほるぷ出版 1992年9月10日発行 監修 平野敬一 後にも先にも、ローンを組んで絵本を買ったのはこの時ばかりです。 ある意味、若気の至りでした。 教科書にハンプティダンプティが登場していたのです。 英語の教師だったら、英語…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more