テーマ:動物

第300夜 【なにの こどもかな】

【なにの こどもかな】 福音館書店 1981年2月発行 やぶうち まさゆき さく・え 【どうやって ねるのかな】 福音館書店 1981年10月発行 やぶうち まさゆき さく・え 【なにの あしあとかな】 福音館書店 1983年6月発行 やぶうち まさゆき さく・え これらの絵本は15cm×15cmの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第299夜 【おしりが いっぱい】

【おしりが いっぱい】 福音館書店 年少版こどものとも 通巻160号 1990年7月1日発行 薮内正幸 さく 「しり」=「動物の胴体の後部で、肛門のあるあたり」 これは、作者の薮内正幸氏が折り込み付録で紹介している辞書の説明です。 私も、愛用の新明解国語辞典で引いてみました。 「しり」=「腰の後ろ下で、すわる時や腰掛ける…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第109夜 【いしのスープ】

【いしのスープ】 アルク 1990年5月5日発行 トニー・ロス さく いくしまさちこ やく 私は酉年生まれなので、英語で "Chicken!" が 「腰抜け野郎」 だろうが ( 映画 "Back to the Future" シリーズで、主人公のマーティがそう呼ばれるたびにむきになって失敗していましたっけ)、三歩歩けば忘れる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第101夜 【きつねのよめとり】

【いいことがいっぱい】 福音館書店 こどものとも(年中向き) 1987年1月1日発行 大友康夫 さく 藤枝つう え 保育園に通うさぶろうの一日です。 朝、お父さんや犬に見送られ、さぶろうはお母さんに自転車で保育園まで送ってもらいます。 保育園ではお楽しみ会があって、いいことがあるように獅子舞の獅子に頭をかんでもらいます。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第五十三夜 【どうぶつ友情辞典】

【どうぶつニュースの時間 2】 理論社 2002年6月発行 あべ弘士 もりだくさんのニュース番組です。 最初のニュースは「キツツキ銀行倒産」 についてです。 原因は、お金として預かっていたドングリが一斉に芽を出し、金庫が破裂、ドングリも使い物にならなくなったから。 「お天気には勝てませんでした。」 のコメントで締め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第五十一夜 【絵とき ゾウの時間とネズミの時間】

【どうぶつえんガイド】 福音館書店 かがくのとも 通巻265号 1991年4月1日発行 あべ弘士 さく 子どもがまだ小さかった頃は、まるで強迫観念にトリツカレタように、休日になると子どもをどこかへ連れて行っていました。 平日のオーバーワークでへとへとだったというのに。 良い親とはそうするものなのだと、宇宙人か何かに洗…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

第五十夜 【こぞうのパウ】

【こぞうのパウのたびだち】 金の星社 2001年1月発行 作・木村裕一 絵・あべ弘士 【こぞうのパウのだいぼうけん】 金の星社 2001年3月発行 作・木村裕一 絵・あべ弘士 【こぞうのパウのたたかい】 金の星社 2001年4月発行 作・木村裕一 絵・あべ弘士 「あらしのよるに」シリーズが世間で話題に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第四十夜 【あひるのガーコ】

【あひるのガーコ】 福音館書店 こどものとも年中向き 通巻120号 1996年3月1日発行 坂本ツル さく ほりえみちを え 隣の(といっても徒歩30分) おじさんに、かわいがっていたあひるのガーコがもらわれていきます。 箱に入れられ、おじさんに運ばれていくガーコをいつまでも見送るみゆきちゃん。 切ないですね。 「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第二十九夜 【こうら】

【あそぼうよ】 福音館書店 年少版こどものとも 127号 1987年10月1日発行 金尾恵子 さく マンションの隣りは車の工場で、二階の我家からは工場の屋根しか見えません。 屋根の上は空です。 この状況をもしかしたら、何の景色も見えないさみしい状態、と人は思うかもしれません。 物件としては、一つのハンディでしょう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第十六夜 【あきのかわらで いもにかい】

【あきのかわらで いもにかい】 福音館書店 かがくのとも 通巻294号 1993年9月1日発行 さいと ゆふじ さく 私の故郷の秋田 (かなり山形より) でも、“いものこ”のことを “いもっこ” といいます。 そして、いもっこの入った味噌汁を “いもっこ煮” と呼びます。  この絵本のように、家族や近所の人たちと河原へ行っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第六夜 【あおい やまいぬ】

【あおい やまいぬ】 端雲舎 1999年4月9日発行 マーシャ・ブラウン 作・絵 瀬田貞二 訳 “あお”と聞いただけで、すでに80%は好きになっている。 青いもので嫌いなものは思い当たらないほど青は好きだ。 青い自転車、青い便箋、青いタッパー、青りんご・・・ 青空とか青い海は当然すぎて、いまさら言わなくてもという感じ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more