第1499夜 【しずかで にぎやかな ほん】

【しずかで にぎやかな ほん】 童話館出版 1996年9月7日発行 さく マーガレット・ワイズ・ブラウン え レナード・ワイスガード やく 谷川俊太郎 「しずかで」 「にぎやか」 という矛盾するような状況が、絵本を読んでいくうちにどんどん自然なものに思われてきます。 そして最後には、The Quiet Nosy Bo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1498夜 【さるがいっぴき】

【さるがいっぴき】 福音館書店 こどものとも 通巻749号 2018年8月1日発行 MAYA MAXX 「あ~今日の夕飯、何にしようかなぁー」 などと、献立を考えるのがいっぱしの悩みであるように考えていたことが恥ずかしいです。 「この世の生き物はほとんどの時間と労力を食べるものを探す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1497夜 【さあ あてて ぼくはだれでしょう】

【さあ あてて ぼくはだれでしょう】 福音館書店 こどものとも年中向き 通巻385号 2018年4月1日発行 小野寺悦子 文 和歌山静子 絵 「さあ あてて ぼくは だれでしょう」 エメラルドグリーンのページに黒いシルエットがあります。 「あなたは となりの おりこうねこくんでしょう」 ページをめくります。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1496夜 【こん と ごん ― てんてん ありなしの まき】

【こん と ごん てんてん ありなしの まき】 福音館書店 かがくのとも 通巻576夜 2017年3月1日発行 織田道代 ぶん 早川純子 え ことば遊びに興味を示してくれる友人がいてくれたらなあと思います。 一緒になって、 「ねっ、ねっ、おもしろいよね!」 と言いながら、こういう絵本を読めたら、楽しさ倍増だと思うのです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1495夜 【こめだしだいこく】

【こめだしだいこく】 福音館書店 こどものとも 通巻742号 2018年1月1日発行 大黒みほ 再話 斎藤隆夫 絵 ―愛媛の昔話― 昔話にはよく善人の老夫婦と、欲深の老夫婦が出てきます。 前者がうまくいったことを、後者が羨んでまねるけれどもうまくいかない、というのが定番です。 正直で勤勉な善人老夫婦はもちろん、〝か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1494夜 【ことしのセーター】

【ことしのセーター】 福音館書店 こどものとも 通巻728夜 2016年11月1日発行 石川えりこ さく・え ほんの少し前の日本の生活はこうだったと感慨深いです。 つまり、「再使用」、「再利用」を自然に行っていたということです。 しかし、「ほんの」と思っていた時間は実はすでに「ほんの」の域を超えていたのかもしれません。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1493夜 【ケロリンピック】

【ケロリンピック】 福音館書店 こどものとも 通巻725号 2016年8月1日発行 大原悦子 古川裕子 絵 ケロリンピックとは、カエルのオリンピックです。 カエル村の村長さんの開会宣言(タイトルページ)の後、ページをめくると、 ええー?! と声が出てしまうほどの数のカエルです。 この絵本の魅力の一つは、惜しみなく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1492夜 【キョウリュウがほしい】

【キョウリュウがほしい】 BL出版 2016年8月1日発行 ハーウィン・オラム 文 きたむらさとし 絵・訳 きたむらさとしさんの絵本はいつも私を、〝ここではない世界”へ連れて行ってくれます。 イギリスっぽいけれど、〝和”も感じる… イギリスに渡った経歴の方だからなのかしらと想像します。 なんにせよ、とてもユニーク(←本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1491夜 【けっこんしき】

【けっこんしき】 ブロンズ社 2017年11月25日発行 鈴木のりたけ 表紙に丸い緑のシールが貼ってあります。 「笑顔が はじける ゆかいな えほん」 看板に偽り無しです。 絵本を開いて、頭に乗せるだけで誰でも簡単に変身できます。 カツラよりためらいなくサッとやれるのも魅力です。 しかも、この一冊でいろんなモ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1490夜 【きっておとこ】

【きっておとこ】 福音館書店 こどものとも年中向き 通巻378号 2017年9月1日発行 殿内真帆 さく 切手には目がありません。 ちなみに、娘は切手の形に目がありません。 日々はがきを書くのが趣味の私は、ほとんど毎日お世話になっています。 はがきに貼るのは62円分の切手ですが、1枚で貼ることは10回に1回ほどで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1489夜 【きしゃのゆ】

【きしゃのゆ】 福音館書店 こどものとも 通巻729号 2016年12月1日発行 尾崎玄一郎  尾崎由紀奈 作 待っていました、また会える日を。 【おしいれじいさん】の作家さんの絵本だとすぐにわかりました。 あの不思議な世界をほうふつとさせる表紙の絵です。 独特の"暗さ”が魅力なんです。 紫色が印象的な―。 今度…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1488夜 【ギーコギーコ】

【ギーコギーコ】 福音館書店 こどものとも年少版 通巻483号 2017年6月1日発行 太田大輔 さく・え 先日、大変風の強い日に、久しぶりに自転車で外出しました。 何を血迷ったかスカートをはいて。 片手で終始抑えていないと、スカートはめくれ上がります。 しかし、向かい風に対抗するには、両手でしっかりとハンドルを握り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1487夜 【かもつせんのいちにち】

【かもつせんのいちにち】 福音館書店 かがくのとも 通巻588号 2018年3月1日発行 谷川夏樹 さく 表紙の、貨物船の絵の重厚感!、 『この方(谷川さん)、貨物船が本当に好きなんだろな』 それが第一印象でした。 折り込み付録を読むと、貨物船愛がさらに伝わりました。 なにしろ、7月15日を「内航船(日本の港と港と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1486夜 【おもち】

【おもち】 福音館書店 こどものとも年少版 通巻490号 2018年1月1日発行 彦坂有紀 もりといずみ さく この絵を見て、これが木版画であるとわかる人はきっといないんじゃないでしょうか。 折り込み付録でその事実を突きつけられてもなお、私には信じられません。 こういうきめの細かい絵が木版画とは!? しかも表…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1485夜 【おはなを あげる】

【おはなを あげる】 ポプラ社 2016年4月発行 ジョナルノ・ローソン 作 シドニー・スミス 絵 家までの帰り道、お父さんと一緒に歩く女の子。 赤いパーカーを着て、フードをかぶっています。 道端のあちこちで見つけた小さな花を摘んでは、小さな手に握りしめます。 その花を、道の上でこと切れていた鳥の上に手向けたと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1484夜 【おたんじょうびケーキ】

【おたんじょうびケーキ】 ブロンズ新社 2017年5月25日発行 アンマサコ どこかで見たことがあるような気がするけれど、 よく見ると、何もかも初めて、 そんな不思議な絵本です。 ストーリーはそれほど起伏のあるものではありません。 お誕生日を迎えた「あいちゃん」は、お友だちが来るのを待ち切れず、ケーキをぺろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1483夜 【うさおとかめきちのマラソンたいかい】

【うさおとかめきちのマラソンたいかい】 福音館書店 こどものとも 通巻741号 2017年12月1日発行 中垣ゆたか 作 表紙を見てのとおり、人で紙面が埋め尽くされています。 今どきのマラソン大会は、市民参加型だと、実際にこのような密度なのでしょうが、 もっと寄って、少ない人数を描くことだってできたはずです。 表…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1482夜 【illuminature イルミネイチャー】

【illuminature イルミネイチャー】 河出書房新社 2016年12月30日発行 絵 カルノフスキー 文 レイチェル・ウィリアムズ 訳 小林美幸 デザイン 川名潤 3色のマジックミラーを携えての探検です。 行先は、 コンゴ盆地の熱帯雨林、シンプソン砂漠、ローモンド湖、アンデス山脈、ウェッデル海とロス海、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1481夜 【あるひ こねこね】

【あるひ こねこね】 好学社 2016年3月1日発行 高畠那生 「突拍子もない」って、ほめことばなのかどうかわかりませんが、 この絵本については完全にほめことばとして贈りたいと思います。 なんといっても、スケールが大きい! ある星に、宇宙人がぞろぞろぞろぞろやってくるんです。 この宇宙人たちが、大変古風というか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1480夜 【あずきの あんちゃんずんちゃんきんちゃん】

【あずきの あんちゃん ずんちゃん きんちゃん】 福音館書店 こどものとも 通巻744号 2018年3月1日発行 とみなが まい 文 植垣歩子 絵 お手玉の中のあずきは、食べられることなく布の中にいる… 子どものころから私は、なんとなくお手玉のあずきにどこか悲哀を感じていました。 折り込みふろくの「作者のことば」に、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more