第1519夜 【たんぼにできた わらのいえ】

【たんぼにできた わらのいえ】 福音館書店 かがくのとも 通巻572号 2016年11月1日発行 夏目義一 さく 絵本のすべてのページ(シーン)に懐かしさを覚えます。 十月は稲刈り、つまり収穫の月です。 子どもの頃から農繁期には、作業する人手として、女子どもでありながら立派にカウントされていた私です。 この絵本で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1518夜 【たんぼにあおぞらみーつけた!】

【たんぼにあおぞらみーつけた!】 福音館書店 ちいさなかがくのとも 通巻194号 2018年5月1日発行 澤口たまみ ぶん 山口哲司 え 〝手染絵”と呼ぶらしいこの絵に魅せられました。 〝布”を感じるからなのか、ぬくもりを覚えます。 染められていない白い仕切りのラインも何とも言えません。 そして、なんといっても〝色…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1517夜 【たまごと にわとり】

【たまごと にわとり】 福音館書店 かがくのとも 通巻591号 2018年6月1日発行 棚橋亜左子 さく 子どもの頃、家の裏に〝鶏小屋”がありました。 屋根は杉の皮で葺き、ゴロゴロと重しの石が乗っていました。 まさにウナギの寝床のような空間ににわとりたちが数十羽いて、私たち七人家族に、毎日新鮮な卵を供給してくれていまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1516夜 【たぬきの どっきりはっぴょうかい】

【たぬきの どっきりはっぴょうかい】 福音館書店 こどものとも年中向き 通巻383号 2018年2月1日発行 大島英太郎 作 〝化け方学校”での練習の成果を発表するのが、年に一度の「どっきりはっぴょうかい」です。 発表会と言っても、学芸会のようにステージの上でパフォーマンスを見せるのではありません。 実際に人間をだまして、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1515夜 【だいぶつさまのうんどうかい】

【だいぶつさまのうんどうかい】 アリス館 2017年8月25日発行 ぶん:苅田澄子 え:中川 学 奇想天外。 じっとしているのが売り(?)の仏像たちが、運動会で走ったり跳んだりするのですから。 徒競走で必死に走っている、表紙の大仏様を見るだけで、もう愉快です。 しかし実は、大仏様は運動会で大活躍!というわけでは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1514夜 【だいじなくつ】

【だいじなくつ】 福音館書店 こどものとも年少版 通巻488号 2017年11月1日発行 にしむら あつこ さく ももちゃんはママから新しい靴を買ってもらいます。 公園で遊ぶ時も、スーパーに行く時もいつも一緒。 大事な靴です。 お休みの日、図書館のお話会に行ってみると、小さな靴がたくさん。 会が終わって帰ろうと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1513夜 【空からのぞいた桃太郎】

【空からのぞいた桃太郎】 岩崎書店 2017年9月30日発行 影山 徹   今でこそ絵本やアニメで〝見ることができる”昔話ですが、元々は語って聞かせてもらうお話だったわけです。 耳で聞いた話を脳内で映像化するというのが、少なくとも私が子どものころは常でした。 例えば、【三枚のおふだ】などは、迫力ある母の語りを聞きながら、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1512夜 【線とあそぼう】

【線とあそぼう】 福音館書店 たくさんのふしぎ 第382号 2017年1月1日発行 杉田比呂美 さく こうしてみると、身の回りは線だらけです。 パソコンの画面だけでも、数えるのが億劫なくらいたくさんの線があります。 文字自体、線でできているわけですし。 見れば見るほど、考えれば考えるほど、線にはお世話になっていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1511夜 【セーターパパ】

【セーターパパ】 福音館書店 こどものとも年中向き 通巻382号 2018年1月1日発行 小林陽子 文 たしろちさと 絵 出張で留守のパパのセーターを着て、パパになったつもりのユウタは外へ出かけます。 八百屋のおばさんや肉屋のおじさんは、セーターに着られたようなユウタをほほえましく思い、やさしく対応してくれます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1510夜 【せいめいのれきし】

【せいめいのれきし 改訂版】 岩波書店 2015年7月22日発行  バージニア・リー・バートン 文・絵 いしいももこ 訳 まなべまこと 監修 46億年もの大昔、わたしたちの地球はうまれました… 〝気が遠くなる”時間です。 プロローグとして、銀河系の話から始まり、「太陽と惑星」、「地球と月」、「岩」 その後、「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1509夜 【ずんずんばたばた おるすばん】

【ずんずんばたばた おるすばん】 福音館書店 こどものとも年少版 通巻489号 2017年12月1日発行 ねじめ正一 文 降矢なな 絵 タテに開くこの小さな絵本の奥行き感というのか、3D感というのか、とにかく圧倒される構図です。 特に、階段でゾウのお尻を押し上げているページでは、階段の下を見るのが怖いのです。 『落っこっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1508夜 【すやすや おやすみ】

【すやすや おやすみ】 福音館書店 こどものとも 0.1.2. 通巻273号 2017年12月1日発行 石津ちひろ ぶん 酒井駒子 え すやすや眠るのは、人間の子どもだけではありません。 ひらひら飛んでるちょうちょさんも、お花にとまって すやすや おやすみ みゃあ みゃあ ないてる こねこさんも、まあるくなって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1507夜 【スプーンの おうじさま】

【スプーンの おうじさま】 福音館書店 こどものとも年中向き 通巻384号 2018年3月1日発行 黒崎美穂 文 鬼頭 祈 絵 去年の事です。 友人たちと三人で、ちょっとおしゃれなカフェでランチを食べた後、別棟にあった雑貨コーナーをのぞいてみました。 雑誌にでも出ているような食器や台所用品がすてきにディスプレイしてあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1506夜 【好きノート】

【好きノート】 アリス館 2012年10月30日発行 [なまえ              ] 谷川俊太郎 装画 安野光雅 『これ、好きだな』 と思ったら、幸せな気持ちになります。 〝好き”は幸福の源泉かもしれません。 ということは、好きなものが多ければ多いほど、幸福度は高いということでしょうか。 そんな理屈…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1505夜 【すいぞくかんの おいしゃさん】

【すいぞくかんの おいしゃさん】 福音館書店 かがくのとも 通巻593号 2018年8月1日発行 大塚美加 ぶん 齋藤 槙 え のんきに見てたなあ、水族館… 水族館にしても動物園にしても、飼育員さんのご苦労は時々とはいえ忍んでいましたが、お医者さんについては全く考えたことがありませんでした。 動物や魚が病気になるとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1504夜 【しんせつなともだち】

【しんせつなともだち】 福音館書店 こどものとも傑作集 1987年1月20日発行 方 軼羣(ふあん いーちゅん) 作 君島久子 訳 村山知義 画 野も山も雪で真っ白です。 ウサギは食べ物を探しに出かけます。 カブを二つ見つけたウサギは喜んで、一つだけ食べて一つを残します。 そうして、食べ物がなくて困っているであろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1503夜 【シロナガスクジラ】

【シロナガスクジラ】 福音館書店 かがくのとも 通巻585号 2017年12月1日発行 加藤秀弘 ぶん 大片忠明 え 表紙と裏表紙を、つながるように広げて見るべき絵本が時々ありますが、これがまさにそれです。 こうしても収まりきっていませんが…。 絵本の中でも、その大きさがアピールされています。 見開きに下半身し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1502夜 【しりとり】

【しりとり】 福音館書店 こどものとも 通巻747号 2018年6月1日発行 安野光雅 さく/え 安野光雅さんの新しい絵本を、リアルタイムで手にできる幸せに感謝します。 しかも、友人のためにと数冊購入できる価格で。 単純なしりとりではありますが、実は単純ではありません。 初めのページの中から好きな絵を一つ選び…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1501夜 【寿命図鑑】

【寿命図鑑】 いろは出版 2016年8月1日発行 絵・やまぐちかおり 編著・いろは出版 その名の通り、いろいろなものの寿命を載せている図鑑です。 寿命と言うと、人間をはじめとしたいわゆる動物をイメージしますが、この図鑑が取り扱っているのは大変多岐にわたります。 添えられている説明やエピソードの量がちょうどよく、自然と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1500夜 【シャクルトンの大漂流】

【シャクルトンの大漂流】 岩波書店 2016年10月14日発行 ウィリアム・グリル 作 千葉茂樹 訳 藍色の表紙に魅せられて手に取りました。 美しい絵本だと思ったのです。 文字を読む前にパラパラと数ページめくってみると、まるで杉浦さやかさんの本のように、細かな人物や小物がたくさん並んでいるではありませんか。 厳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more