第1539夜 【びっくり クリスマス】

【びっくり クリスマス】 金の星社 1991年11月発行 シンシア&ブライアン・パターソン 作・絵 三木 卓 訳 〝西洋”を感じる絵本です。 ハリネズミのウィリー、 ウサギのルー、 ハツカネズミのハーベイは友だちです。 クリスマスが近づいたので、三人はプレゼントを用意するためにお金を稼ごうとしますが、うまくい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1538夜 【サンタクロースとあったよる】

【サンタクロースとあったよる】 BL出版 2014年11月1日発行 詩=クレメント・クラーク・ムーア 絵=ホリー・ボビー 訳=二宮由紀子 どうして今までこの絵本に気づかなかったのかと、不思議です。 見つけていたら、もっともっと前に、我が家にやってきていたことでしょう。 子どもたちの、そしてママの、もっと言うなら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1537夜 【クリスマスを探偵と】

【クリスマスを探偵と】 河出書房新社 2017年10月20日発行 文 伊坂幸太郎 絵 マヌエーレ・フィオール 物語と絵で、二倍楽しんだという読後感です。 主人公の探偵カールが仕事で訪れたローテンブルクの街、見開きで描かれているその景色は厳かに輝いていて、クリスマスイブがとても似合います。 浮気調査の仕事の途中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1536夜 【クリスマスの森】

【クリスマスの森】 福音館書店 2015年10月10日発行 ルイーズ・ファティオ 文 ロジャー・デュボアザン 絵 つちやきょうこ 訳 読み終わった私の心はとても温かくなっています。 クリスマス・イブの日、サンタ・クロースが身支度を整えています。 しっかり者の奥さんが、お弁当やケーキ、熱々のコーヒーを用意してくれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1535夜 【クリスマスがちかづくと】

【クリスマスがちかづくと】 福音館書店 2017年10月5日発行 作 斉藤 倫 画 くりはらたかし 時代も国も不明確 完全なファンタジーにしては、現実的でもある… そして、温かいようでいて、余計なお肉のないほんのり無機質な〝絵” 不思議な絵本です。 誰もが胸躍らせるクリスマスの季節、セロ(主人公の男の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1534夜 【おおきいツリー☆ちいさいツリー】

【おおきいツリー☆ちいさいツリー】 大日本図書 2000年10月5日発行 ロバート・バリー=さく 光吉夏弥=やく もうすぐクリスマス。 お山のてっぺんで、陽気そうな木こりが一本の木を切り倒しました。 トラックの荷台に乗せられた大きな木は、ウィロビーさんのお屋敷に届けられます。 青々として、見たこともないような大きな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1533夜 【南極のスコット大佐とシャクルトン】

【南極のスコット大佐とシャクルトン】 福音館書店 たくさんのふしぎ傑作集 2016年4月1日発行 佐々木マキ 作 1994年、「月刊たくさんのふしぎ」として発行されたものです。 24年前です。 正確な年は思い出せませんが、ちょうどその頃、授業でスコットとアムンゼンの話を生徒たちと読み取っていました。 英語の授業でのことで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1532夜 【なるほど! お金のはなし】

【なるほど! お金のはなし】 BL出版 2015年11月10日発行 文・マーティン・ジェンキンス 絵・きたむらさとし 訳・吉井一美 お金… チコちゃんにだったら、蒸気200%くらいで叱られそうですが、家計簿を開いたままボーっと一時間放心、てなことは昔から珍しいことではありません。 お金のやりくりを考えているうち、思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1531夜 【なみだ】

【なみだ】 福音館書店 かがくのとも 通巻596号 2018年11月1日発行 垂石眞子 さく 知っていたことではありますが、改めて、『そうなんですよね』と思うことの気持ちよさ。 涙は目に入ったごみを洗い流して、目の掃除をしてくれます。 まばたきは、目の潤いをキープするためにしています。 涙は目のまくとなって、目が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1530夜 【なかよし なかよし】

【なかよし なかよし】 福音館書店 こどものとも 0.1.2. 通巻270号 2017年9月1日発行 のむら さやか さく 「紙」が好きです。 包装紙も紙袋も捨てられません。 「紙」としてすてきに思えるからです。 というわけで、家には引き出しいっぱいなんてものではなく、そこかしこに「紙」がまとめてあります。 『これ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1529夜 【ながいながいよる】

【ながいながいよる】 岩波書店 2011年1月13日発行 マリオン・デーン・バウアー◇文 テッド・ルウィン◇絵 千葉茂樹◇訳 「木」 「森」 「雪」 「青」 「鳥」 好きなパーツがあるから、というだけではありません。 Whole がすばらしいのです。 美しい、とただ言ってしまうのは惜しいほどです。 表紙を開けた見開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1528夜 【ながいながいへびのはなし】

【ながいながいへびのはなし】 小峰書店 2001年12月10日発行 風木一人・文 高畠 純・絵 いろんな人に読んであげたい、教えてあげたい絵本です。 クスッ、ニヤッと、何度も顔がほどけます。 そうして段々心が温まってくるのがわかります。 〝やさしさ”を表現する方法は無限にあるかもしれませんが、一匹のへびでそれを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1527夜 【ドリトル先生 アフリカへいく】

【ドリトル先生 アフリカへいく】 集英社 2008年10月29日発行 ヒュー・ロフティング=原作 南條竹則=文 茂田井武=絵 「テレビがまだふつうの家庭にはなく、映画館もたくさんない時代に幻燈というものがありました。 幻灯機という機械でスライドにした絵や写真に光線をあて、拡大して白い幕にうつしだすのです。」 この絵…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1526夜 【トラブロフ】

【トラブロフ】 童話館出版 2010年3月20日発行 さく ジョン・バーニンガム やく あきの しょういちろう バラライカに魅せられた一途なねずみのお話です。 〝魅せられる”… 不思議な力を持ったフレーズです。 魅せられることで運命が変わることは、古今の小説、映画、まんが、そしてもちろん現実にも満ち溢れています…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1525夜 【ドミトリー ともきんす】

【ドミトリー ともきんす】 中央公論新社 2014年9月25日発行 高野文子 いったい高野文子さんという人の頭の中はどうなっているのでしょうか。 私も、〝科学”というものには人一倍興味関心があるほうだと自負していましたが、今となってはそんなことをいうのもお恥ずかしい…。 「ドミトリー」とは「寮」ですが、高野さん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1524夜 【飛びたかった人たち】

【飛びたかった人たち】 福音館書店 たくさんのふしぎ傑作集 1994年5月25日発行 佐々木マキ 作 〝飛びたかった人”で私が最初に思い出すのは、レオナルド・ダ・ヴィンチです。 中学生の頃、NHKで観たドラマ「レオナルド・ダ・ヴィンチの生涯」の印象が強烈だからです。 酉年生まれだからというわけでもないでしょうが、子ども…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1523夜 【つまんない つまんない】

【つまんない つまんない】 白泉社 2017年5月22日発行 ヨシタケシンスケ 「つまんない そういうあなたが つまんない」 この川柳は真だと思います。 ずいぶん長い間、生徒を相手の生活を送ってきて言えることです。 「つまんない」を口癖にしている子にとって、自分の気持ちをあげられないのは、いつでも何か(主に誰…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1522夜 【つくってあそぼう あやつりにんぎょう】

【つくってあそぼう あやつりにんぎょう】 福音館書店 かがくのとも 通巻583号 2017年10月1日発行 林 由未 さく 二日前、思いがけず会った元同僚が、この四月に生まれたお子さん(6か月)を連れていました。 活発に動いて、早くもハイハイをしていました。 一時も止まることなく動いては、手にしたものを口に運ぶ様子に、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1521夜 【チョウのふゆごし】

【チョウのふゆごし】 福音館書店 かがくのとも 通巻587号 2018年2月1日発行 井上大成 ぶん 松山円香 え 『そうだったのか!?』 最近では、〝初めて知った”のか、〝知っていたのに忘れた”のか判定が難しくなっている自分ですが、どちらにしても、ヘウレーカ感を味わえるのですから良しとします。 細長い葉っぱが丸まっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1520夜 【たんぽぽのまほう】

【たんぽぽのまほう】 福音館書店 こどものとも 通巻746号 2018年5月1日発行 河本祥子 さく 野ウサギの〝くう”は、お母さんのおつかいで、おばあちゃんにクッキーを届けます。 行く道々、たんぽぽの綿毛を摘んでいった〝くう”におばあちゃんは、 「今日はたんぽぽ日和だ。 こんな日には たんぽぽの魔法が起きるかもしれない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more