第1663夜 【おひさまでるよ】

【おひさまでるよ】
ほるぷ出版 2020年4月20日発行
齋藤 槙
ohisama deruyo.jpg
齋藤槙さんの絵が好きだから買った絵本ですが、
そうじゃなくても、このお日さまの目の魅力で、
おそらく購入したことでしょう。

キラキラしています。
ただし、単純なキラキラではありません。
まるでスフェーンという宝石のようです。
(*実物を見たわけではありません。
『七つ屋志のぶの宝石匣』というコミックで知ったのです。)

お日さまが海から少しずつ顔を出していきます。

 でるよ でるよ
 おひさまが もうすぐ でるよ


てっぺんや眉毛が出たところまでは、お日さま全体を見る気満々でしたが、
目が出たとたん、視線はそこにくぎ付けです。

お日さまはどんどん上昇し、鼻も口も出てきますが、
もう目しか目に入りません。

なので、お日さまがあくびをしたり、笑ったりして目が細くなると、
あれれれ…😞ってなっちゃいました。
表紙のお日さまが一番好きかな。
目がものを言っているようで。

それにしてもスフェーン、実物を見てみたい…

齋藤槙さんの絵本は、第1234夜、第1267夜、第1423夜、第1505夜、
第1572夜~第1574夜でも紹介しています。














ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント