第1646夜 【ほわほわひつじ】

【ほわほわひつじ】
福音館書店 こどものとも年少版 通巻480号 2017年3月1日発行
池谷陽子 さく
howahowa hitsuji.jpg
〝まあちゃん”を見るだけで元気が出ます。

まあるいほっぺも鼻も真っ赤なら、ジャケットも長靴も真っ赤。
帽子とマフラーと手袋は鮮やかな黄色、
きっとお母さんが編んでくれたのでしょう。

〝まあちゃん”が雪に埋もれたヒツジ小屋に行くと、
そこには、ほわほわの毛のヒツジが2匹いました。

〝まあちゃん”が名づけた〝チャカチャカ”と、
お母さんが名づけた〝メリーさん”です。

ヒツジたちに干し草をあげたり、
ほわほわの白い毛の中に手をもぐらせたり、
〝まあちゃん”とヒツジはほのぼのとした時間を一緒に過ごします。

外は雪、窓からは大きなつららも見えます。
でも、ヒツジ小屋の中はほんわかしていそう。
絵に描かれたヒツジの毛を見るだけでも、
あったかさを感じるものなのですねえ。

ニュージーランドで買った青いベストの手触りがまさに「ほわほわ」。
毛を提供してくれた、どこか( in ニュージーランド)のヒツジのおかげで、
温かい思いができています。
メリノちゃん(←私が名づけました)、ありがとう。

池谷陽子さんの絵本は、第145夜、第147夜、第152夜でも紹介しています。















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント