第1450夜 【てぶくろくん】

【てぶくろくん】
福音館書店 こどものとも年少版 通巻464号 2015年11月1日発行
佐々木マキ
画像

てぶくろくんさえいてくれたら、大抵のことは乗り越えられそうな気がします。
その形からして、柔らかく受け止めてくれそうだからです。
表紙の絵を見るだけで、“安心”ということばが心にわいてはきませんか。


とん、とん、とん
ドアをノックしててぶくろくんが、遊びに行こうと誘いに来てくれました。

“ぼく”は、佐々木マキさんが描くいつもの”ぼく”の年少版です。


ドアをノックして
「やあ」とあいさつして

手をつないで歩いていって

かくれんぼをしようとじゃんけんをして
オニになったら目隠しをして
見つけたら指さして

土管に頭をぶつけたらなでてくれて

縄跳びを一緒に楽しんだ後

つまんで木の枝に乗せてくれて
飛び降りたらふわっとキャッチしてくれて

歌も歌ってくれて

ぶらさげて家まで運んでくれて
また遊ぼうと指切りをしてくれて

ピースサインでおしまい


てぶくろくんがやってくれることは、つまり人の“手”ができること。
それはなんてたくさんあるのでしょう。

てぶくろくんにそばにいてほしいなぁと願いながら、
同時に、
てぶくろくんのようになりたいなぁと思いました。


佐々木マキさんの絵本を、心から愛します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック