絵本千夜一夜

アクセスカウンタ

zoom RSS 第1423夜 【さくよ さくよ】

<<   作成日時 : 2017/07/28 10:10   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

【さくよ さくよ】
福音館書店 ちいさなかがくのとも 通巻173号 2016年8月1日発行
齋藤 槙 さく 
画像

【さくよ さくよ】と、タイトルを活字で表記するのがはばかられます。
表紙のこのステキな文字を見たら、お分かりいただけるでしょう。
文字も絵の一部です。

本文のフォントもステキです。

コメントは、「好きです」で終わらせたいくらいです。
この絵本のステキさを、私が少ない語彙力からことばを選んで述べようとしたところで、うまくいかない自信があるからです。

「もう、見てくれればわかります、見てください、見た方がいいです 見なくっちゃ!」
面と向かってこの絵本の話を誰かにするとしたら、こうなるでしょう。
いい物はいいとしか言えないという典型です。

絵の技巧的なことについては、正しく述べることばを知りませんが、和”のテイストのやさしい色使いが、読んでいる自分をもやさしくしてくれるような気がします。

花が咲ききった姿のダイナミックさには、はぁとため息がもれました。


こういう絵を、幼少の時に見て育つ子どものみなさんは幸運です。
でも、大人になってからだって、この絵本に出会った幸運を、充分かみしめることができます。


実は、この絵本で咲くアサガオ、ユリ、蓮、ポピー、ひまわり、カラスウリの花は、
「この花たちを描いてください」と、私がリクエストしたみたいなラインナップなのです。

アサガオは、今も我が家のベランダに
花の香りの中で一番好きなのがユリ
オリジナルのマスキングテープを通販で買うくらい心惹かれる蓮の花
ひまわりはその背の高さから、他人とは思えず
カラスウリの花に至っては、何年も携帯の待ち受け画面に…
という塩梅です。

でも、きっとどんな花でも、齋藤さんが描く花には惹かれるはずです。
もっといろいろな花が見てみたい…


絵本を読んでいる間の、ゆっくりと流れる時間が、時計で測れる日常の時間とは違うもののように思えました。

齋藤槙さん、ありがとうございます。
幸せです。

齋藤槙さんの絵本は、第1234夜、1267夜でも紹介しています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第1423夜 【さくよ さくよ】 絵本千夜一夜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる