絵本千夜一夜

アクセスカウンタ

zoom RSS 第1421夜 【はりがね なんになる?】

<<   作成日時 : 2016/08/02 14:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【はりがね なんになる?】
福音館書店 こどものとも年中向き 通巻357号 2015年12月1日発行
たむらしげる さく
画像

一本の針金が色々な動物に変わっていきます。

見開きの左のページには、着色済みの一本の針金(くるくるのらせん状態)と目。
これ(つまりクイズで言うところの第一ヒント)を見ただけで、『もしかしたらアレかも…』と、見当がつくものもあります。
例えば、カエル、チーター、ペンギン

右のページではそれが、(ペンチで)パチンと切って、曲げられた状態でおおざっぱに置かれています。
ここで、大体は『はいはい、アレね』 となるわけです。

そうしてページをめくると、見開きいっぱいに正解の動物がいるという構成です。

2ページ目の第二ヒントでわからずに、正解を見てびっくりしたのはハリネズミ、ヘビ、ライオン。
『そういうこと?!』 と顔が緩みました。


硬いはずの針金の曲線が、ぎりぎりのフォルムを表しているすがすがしさを感じます。
口を開けている動物は、声を発していそうです。

ちなみに、表紙の針金は何に変身したのでしょうか。
答は裏表紙にあって残念です。


針金を曲げて作ったといえば、我が家の洗濯物干しです。
すぼめると円柱状になり、広げるとかさみたいなアレです。
本体はプラスチックでできています。

それが今、物干しざおに掛ける部分(かさの持ち手部分のようなところ)だけ、針金です。
正確に言うと、ハンガーをくねくねさせ、フック状にしてプラスチックの芯にからませてあるという状態です。

タオルの使用量が美容院並みの我が家。
今は2日に1回の洗濯ですが、そのたび20枚以上のタオルを干します。

その時に活躍するのがこの道具なのですが、2週間ばかり前に、かさの持ち手部分がバカになってしまい、何度ポールにひっかけても、ガタンと落っこちてしまうのでした。

新しいものを買うということに基本的に抵抗がある私は、何とかバランスをとり、恐る恐るタオルを掛けていくというハラハラゲームをしながら、しばらくは洗濯物を干していました。

それがある日見ると、フック船長の左手が装着されていたのです。
いったい誰が、知らぬ間に…
小人さんは夫かと思いきや、意外にも息子でした。

「もう新しいの買いなよ〜」
と言いながら、よく見ると結構巧みに修繕してあるのです。
何より、クリーニング屋さんからもらった針金製のハンガーを使ったところに感動さえしました。

おかげさまでしばらくは持ちこたえられそうです。

我が家の「はりがね なんになる?」は、「物干しのフック!」でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第1421夜 【はりがね なんになる?】 絵本千夜一夜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる