絵本千夜一夜

アクセスカウンタ

zoom RSS 第1420夜 【ちいさな あかいにわとり】

<<   作成日時 : 2016/07/25 10:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【ちいさな あかいにわとり】
福音館書店 こどものとも年中向き 通巻364号 2016年7月1日発行
アイルランドの昔話
大塚勇三 再話
日柴喜洋子 絵
画像

昔々、森の小さな家に、こねこと、こねずみと、小さな赤いにわとりが住んでいました。

朝起きて、かまどに火を起こす時も、
部屋の掃除をする時も、
朝ごはんを作る時も、
赤いにわとりは、
「誰がやる?」
と問いかけるのですが、こねこもこねずみも、全くやる気がありません。
「あたしは、やらないよ」
「ぼくも、やらない」

そのくせ、にわとりが朝ごはんを作り、
「誰が食べる?」
と聞くと、プライドも何もあったものではありません。
「あたしが たべるよ」
「ぼくも、たべる」

こんな具合の、働き者のにわとりと、怠け者のねことねずみがそのままなわけがありません。

きつねの来訪によってピンチが訪れますが、その後、にわとりの機智によってそれを逃れます。
つまり、つかまって食べられそうになるのですが、にわとりの名案と行動力で助かり、おまけにきつねを痛い目にも合わせます。

そして何よりよかったことは、その後、こねことこねずみが、ちゃんとにわとりの手伝いをするようになったことでした。

働き者は報われるべきだというアイルランドの人たちの思いがこもっているのかもしれません。
つまりは、報われないことも多々あったということでしょう。

酉年生まれの私としては、働き者の象徴としてにわとりが選ばれていることを嬉しく思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第1420夜 【ちいさな あかいにわとり】 絵本千夜一夜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる