絵本千夜一夜

アクセスカウンタ

zoom RSS 第1404夜 【このあかいえほんをひらいたら】

<<   作成日時 : 2016/06/05 16:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【このあかいえほんをひらいたら】
講談社 2013年1月7日発行
ジェシー・クラウスマイヤー 文
スージー・リー 絵
石津ちひろ 訳
画像

「色」を巧みに生かした絵本は大好きです。
この絵本も、one of them でしょう。

赤い絵本を開くと、「てんとうむし」がいて、開こうとしているのは緑の絵本
緑の絵本を開くと、「かえるさん」がいて、その「かえるさん」が開くのが橙色の絵本
橙色の絵本の中で急いでいるのは「うさぎ」で、その「うさぎ」が開こうとしているのは黄色い絵本

黄色い絵本の中で待っていたのは、傘をさした「くまさん」で、開くのは青い絵本
そこにいたのは「おおおとこ」

絵本を開く動物たちがどんどん大きくなるにつれて、絵本のサイズはズンズン小さくなっていきます。
「おおおとこ」の絵本は、親指の爪ぐらいしかありません。

そういうわけで、「おおおとこ」は自分で絵本を開くことができないのです。

代わりに動物たちが開いてあげたのは、虹色の絵本

それぞれが読み始めた絵本は、お次に登場した動物たちのお話…
つまり、みんなつながっていたのでした。

「色」だけではなく、「大きさ」でも楽しめるおもしろさに購入を決めました。
息子は、「ん〜、もうちょっと、ナニカがほしいかな…」と申しております。
私も、ちょっとだけ同感です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第1404夜 【このあかいえほんをひらいたら】 絵本千夜一夜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる