絵本千夜一夜

アクセスカウンタ

zoom RSS 第1415夜 【ぴっぽのたび】

<<   作成日時 : 2016/06/29 21:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【ぴっぽのたび】
NHK出版 2014年11月10日発行
刀根里衣
画像

ストーリーとしては特に波乱万丈があるわけではありません。
ひとりぼっちのカエルのぴっぽが小さなひつじと出会い、夢の中を旅します。

4月に出会った二人は、5月、6月、7月と、順々に12の月を訪れます。
その一つ一つの場面のメルヘンチックな絵に、今日は疲れを癒してもらいました。

6月の夢の場面は、透き通った池に金魚が住んでいるというものです。

折しも、今日友人から届いたはがきに、金魚のことが書いてありました。
「突然ですが、金魚とメダカの子、要りませんかと夫が言ってます。
今年 沢山生まれました。
しかし 私 思うに、送る方法は有るものだろうか!
昔、宅配で生の虫を送ろうとしましたがダメでした。
ペットボトルを使って、と夫は言うのです。」

そこまで具体的に考えてくれているとは!と感激です。
さて、我家に金魚とメダカはやってくるのでしょうか…ペットボトルで。


ぴっぽの話に戻します。

夏の月の基調となる色は青。
秋は黄色と赤。
ちなみに表紙は10月の絵です。

冬は白。
何となく葉祥明さんの絵を思い出します。

一度はひつじを置き去りにしてしまったぴっぽでしたが、春3月になって再会します。
再び4月に戻りました。
今度の4月は友だちのいる4月です。

うるんだ目玉のぴっぽはショルダーバッグをたすき掛けにして、たたずまいが愛らしいのでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第1415夜 【ぴっぽのたび】 絵本千夜一夜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる